ハミングライフinTOKYO

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェディング・シンガー(2013年3月2日)

<<   作成日時 : 2013/04/26 01:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

於:シアタークリエ


画像




井上芳雄、高橋愛、大澄賢也、新納慎也、吉野圭吾、彩吹真央、初風淳


大好きな作品です。
ものすごく仕事で行き詰ってて辛い時、この作品で馬鹿笑いして楽しくて仕方なくって、
本当に救われました。

そして、震災後に観に行った時の舞台と客席が一体になったあの異様な盛り上がりと雰囲気。
そもそも上演中に震災に見舞われた作品でした。

世の中がどうなるのか、そしてそもそもエンターテイメントを楽しんでいいのか。
そんな中、この底抜けに明るい、ばかばかしいラブコメディにどんなに救われた事か。

ストーリーは他愛もなく、ただただ歌って、踊って、笑って・・・
そうして、ハッピーエンド。
本当に大好きな作品です。

これが、ラストステージ!!
と、銘打っていたのですが、おそらく井上君がロビーをやるのがこれで最後という事なのでしょう。


他のメンツはまだやるのかなぁ・・?
今回メインでは、ジュリアが上原多香子→高橋愛、サミーが鈴木綜馬→吉野圭吾 という大きな変化がありました。
一応以下、感想箇条書き。



@サミーが吉野さんになってフツーにかっこいいサミーになった(笑)。おバカというよりだめんずな感じ


A高橋愛のジュリアは上原多香子よりも、田舎のごくごくフツーのウェイトレスって印象。
声量あり。音程もしっかりしてる。上原ジュリアのお人形さんみたいなパーフェクトな可愛らしさの替わりにおきゃんで生意気で自分の考えもかなりきちんと持った女の子な印象。これはこれで良し。


Bするってーと、あんなにしっかりしてるジュリアがなんでグレンみたいな男に引っ掛かったのかいまいち不明。
上原ジュリアは何となくふわふわ流された感が納得出来たけど。


Cギャグやネタが増えてて井上くんは更にはっちゃけてて楽しそう。
再々演組の役を生きている感と初参加組の初々しさがマッチしてる。まだ始まったばかりなので進化していくだろうけど、いつもこの時期なので日程が取れなくて残念


D大好きな引き出物の買い出しシーン。
「持ってくれなきゃここで泣くから〜っ」が上原ジュリアの超ぶりっ子から現代風の、<怒るけど良いの!>的に変わっててちょい残念。
まあ高橋愛にはこっちパターンかな?



以前の公演でもここに書いたけど、あの「ここで泣くから〜〜〜っ」をあんなに可愛く言えるのは世界中で上原多香子だけだと思っていたので(爆)、全然違う感じの、高橋愛らしいおきゃんな感じが出てて良かったかな。

でも、舞台に登場した時に私も友人も心の中で思っていた事はスタイル全然違うなぁ。って事でした。
高橋愛は多分身長とか私位だと思うのですが、そのちっささとかスタイルの普通さとかで、本当に普通の田舎のウェイトレスなんですよね・・
それが多分、原作通りで正解なんだと思うのですが。
何せ、初演から上原多香子の完璧な美貌とリカちゃん人形みたいなプロポーション(バービー人形ではなくあくまでリカちゃん)のジュリアを観て来たので、
「田舎の平凡なウェイトレスだけどここいら辺にはちょっと居ない特別な子」っていう風に見ちゃってたんだよね。
だから、中々その違和感が拭えませんでした。

ここはあくまで個人的な印象。

とにかく、すっごく楽しかった!!
いつも通り。

やっぱりWSはテンション上がります!




なるりんっ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上原さんのジュリアちゃんは美しく可愛いかった。近くで見たい、もう一度見たいと、同性が引き寄せられる不思議な魅力。今回の高橋さんはちょっとしっかり者のイメージで、どうしてあんなおっさんに引っかかる?とは思いましたが、これもまた良しで。やっぱり愉しく愛すべき作品です。
おりーぶ
2013/04/26 10:08
そうなんですよね〜〜
あの美しさはまた格別で、でも高橋愛のキュートさやしっかりした女の子っていう雰囲気もジュリアなんだなーって思います。
しかし、ホントに何故あのおっさんに引っかかるのか(笑)
テンションの上がる作品ですよね。キャストが変わってもまた見たい!
なるりん
2013/04/28 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウェディング・シンガー(2013年3月2日) ハミングライフinTOKYO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる